連絡先を聞かれたときのうまいかわし方とは?

チャットレディにラインアドレスを聞いてくる男性の心理とは?

チャットレディを長くやっていると、男性ユーザーが直接の連絡先を聞いてきたりします。

ラインの交換してくださいとか、ストレートな連絡先を聞いてきます。

この記事では、チャットレディによくある、出会い目的のユーザーの対処法や断り方や返信してはいけないメール分などを紹介しているので、是非参考にして、あなたのこれからのチャットライフに役立ててください。

マッチングサイトと勘違いしている男

チャットレディのサイトには、ほとんどのお客さんが女性との会話や、エッチなことを女性にしてもらいたいという男性客がほとんどですが、出会い目的の男性もいるのです。

男女のマッチングサイトでもないのに、出会えると思っている男性ユーザーが必ずいます。

チャットサイトを男女の出会いの場だと思って本気で勘違いしている男性も中にはいます。

なので、ライブチャットサイトのメールに直アド教えてくださいとか、ライン教えてくださいとか、速攻で聞いてくる人もいます。

ですが男性ユーザーがすべて悪いというわけではなく、チャットサイトを紹介しているウェブサイトの紹介の仕方も悪いといわれています。

そのウェブメディアというのは、紹介料をもらっているので、なるべく男性に登録させようとして、あることないこといって、出会いの場であるなどと宣伝して、登録してもらおうとするんです。

なので、当然そういったウェブサイトを見た人は、ライブチャットサイトがあたかもマッチング出来るサイトのように見えてしまって、出会い目的となってしまうのです。

上記のような流れがあるからこそ、そういう男性はチャットサイトに登録して、チャットレディにメールを送って、いきなり出会えませんか?などと聞いてしまうのです。

こういったウェブサイトを介さなくても、ほんとに出会いを探して登録している男性もいるかもしれませんが、ほとんどは、こういった一部の悪質サイトのせいで、出会い目的の男性客が増えてしまっているというのが現状です。

マッチングサイトと間違えている男性がとる行動とは

実際に私がライブチャットの男性ユーザーにラインやスマホのアドレスを聞かれた体験談をご紹介したいと思います。

チャットレディをやっている人ならば、一度は経験したことがあると思いますが、ぜひお読みください。

つきあってほしいなどとのたまう男性

彼女になってくださいとかいきなりいってくる男性客は結構います。

こういった男性は、チャットレディも彼氏がほしいと思っているみたいで、どういう男性が希望ですか?などとも聞いてくるのです。

ライブチャットに現れる、こういったいきなり出会い目的を丸出しの男性が現れたら、うまく利用しましょう!チャット時間を延ばしたり、メールの回数を伸ばせば稼げるのですから♪

ラインID教えてください!という男性客

ライブチャットを出会いの場だと勘違いしている男性客の中で一番送ってきがちなメールはライン交換してくださいメールです。

ライブチャットサイトには、唐突にチャットレディに、ラインIDを添付したメールを送りつけてくる男性もいます。

ライブチャットでチャットレディにメールを聞いてくる人というのは、ケチな傾向があって、ポイントを消費しないように一通目で聞いてくることがあります。

1通目にいきなりお誘いのメールを送って、だめなら別の女性にメールを片っ端から送って、教えてくれない女性にはそこから音信不通になるというパターンが非常に多いので注意しましょう。

いきなり音信不通になってもこちらとしてはかまいません。チャットしてくれる男性なんていくらでもいますし、そういう輩を相手にしていると時間がもったいないので、チャットレディのお仕事に専念しましょう!

チャットレディに、ライブチャットのメール送信機能をつかって、ポイントをわざわざつかって、お誘いのメールをしてくる男性はたくさんいます。

私がチャットしていて、こういうラインを交換してくれだの、直アドを交換してくれだのといってくる男性がいたら、すぐ断っていますが、ベテランのチャットレディになると、どんどん会話を引き出していって、メールのやりとり回数を途切れさせずに何回も重ねることにより稼いでいる人もいるくらいです。

あそこを見せれば好かれると思っている客

自分の大きなムスコをみせれば、女性が好きになってくれると本気で勘違いしている男性は多いです。

「俺のちんちん見て!マグナムっていわれてるよ!」なんていきなりいってくる男性もいますが、女性の皆さんはわかると思いますが、男性の股間の大きさなんて1ミリも気にしていません。男性は本気でアピールできると思っている節があります。

でかい男性器を見せつけさえすれば、女性が好きになってくれるかもしれないと本気で思っている男性がいるのも笑えますよねw。

勃起したあそこの画像を送ってくる時点でメルアドなんて教えるわけもありませんし、そもそもライブチャットは出会いの場ではないので、勘違いしている男性も気づいてほしいですよね。チャットレディとしては、こういう男性ですら手玉にとって、チャット報酬を伸ばしていくことが最善だと思います♪

会えることが前提になっている男性

チャットレディをしていて、何回かチャットをしていると、会えるかのような質問をしてくる男性がいます。たとえば、セックスの時は攻める方がすき?とかです。

こういった男性にも果敢に挑戦して、うまくチャット時間やメールの回数を稼いでいくのが、チャットレディとしてしぶとく生き残っていく方法だと思います。

こういった会いたがる下心満載の男性をうまく虜にして、チャットやメールをしてもらえれば、チャットレディとして何枚も上手になれますが、心理的にこういうことが苦手な人は、やる必要もなく、まっとうにチャットしてくれる男性だけを相手にしているのもいいと思います。とにかくコツコツ長続きする方法を採用しましょう!

ホテルで会いたがるお客さん

ポイントがないにもかかわらず、メールを頻繁に送ってきて、エッチな自撮りをした動画をアップしてくれという男性もいます。

こういう男性を相手にして、動画を送ったとしても、そもそもチャットがしたくなくて、ポイントを節約したくて、そういう動画を投稿してくれといってくるのですから、チャットにログインしてくるわけもなく、こちらが損するだけなのでやめておきましょう。

チャットレディをやっている女性は慈善行為でやっているわけではありませねんから、対価をもらって当然なのです。

唐突にセックスを持ち出してくるパターン

ライブチャットサイトに出会い目的で登録している男性というのは、最初からチャットをする気がないので、好みの女性すべてに誘いのメールを送ったりしています。

なぜチャットレディと出会ってセックスしようとしているのかわかりませんが、もうチャットレディのサイトは出会い系だと勘違いしてしまっているのかもしれません。

大手のマッチングサイトなどはごまんとあるのに、なぜ使わないのかというと、ライブチャットが女性との親交を深めて出会えると思っているからに他なりません。

チャトレがやると危ないこととは

ここからは、ライブチャットサイトにおいてチャットレディが、男性客に対してやってはいけないことを紹介していきたいと思います。

以外と気軽にやっている女性もいるみたいですが、危険な行為なのでやめてください。

会ってしまわないように

たまに、チャットレディが男性客とチャット世界ではなくリアル世界であったことがあるなどというブログを目にしますが、正直会わない方がいいと思います。

その会ってしまう男性ユーザーというのはどういう意図を持っていて、どういう正確なのかもわかりませんし、何かを企んでいるかもしれませんから、そう考えると危険ですよね。

チャットサイトで交流を深めていく内に、男性に気を許してしまうのはわからないでもありませんが、ここは仕事なので線引きをしっかりしておいた方がいいと思います。

連絡先を教えてはいけない

直接連絡先を交換してもライブチャットサイトを介さないと報酬にもなりませんからチャットレディとしてのメリットは一つもありませんので、連絡先は交換しないことに越したことはありません。

男性ユーザーにしつこくせがまれて適当な連絡先を交換しても、恨みを買うだけですし、そもそもチャットサイトは個人的な連絡先の交換を禁止しているので規約違反になります。

無意味に伸ばしたりしない

直アド交換などの連絡先交換はもちろんしてはいけませんが、こうやってあたかも会えるかのように引き延ばすのもやめておいた方がいいでしょう。

こういった思わせぶりなテクニックを使って、伸ばしに伸ばして、チャットをたくさんしてもらってチャットレディ報酬をアップしようというテクニックを使っている女性もいますが、男性の心理をついたずる賢いテクニックなので、心理的に抵抗がある人も多いと思います。

最近の話では、コロナで自粛ムードが漂っているので、今は会えないけど、そのうち会おうねと引き延ばしているテクニックを使っているチャットレディがいました。

こういうことをいってうまいこと引き延ばしたとしても、女性はさらさら最初から会う気なんてない訳なので、男性をもてあそんでいるだけなので、法律違反ではありませんが、道徳的にどうかと思います。

男性も女性に恋しているのかもしれませんので、会えないなら会えないとはっきりいいましょう。金稼ぎのためだけに男性心理をもてあそぶのはいけないと思います。

直接アドレスを聞いてくる男性ユーザーの対処法

直メールなどを聞いてくる男性客には、どうやって当たり障りのない断り方をすれば穏便に済ますことができるのでしょうか。それを紹介して生きたいと思います。

私が今までチャットレディとして活動してくる中で、直アドなどを聞いてくる客に対して、うまく回避する方法はないかと思案した結果編み出したテクニックを紹介しています。

スタッフから注意喚起されているといういいわけ

ライブチャットで男性の相手をして稼いでいる女性に、連絡先を聞いて会おうなんていう虫のいい男性には、嘘でもいいのでいいわけをつくっておけば当たり障りなくその場を納めることができます。

チャットレディに誘いのメールを送ってくる男性ユーザーはもともとお金をかけずにケチって出会いたいタイプなので、ポイントのかかるメールは、一回断られるとあまり送ってこなくなります。

チャットサイトの規約違反と伝える

どこのライブチャットも男性客との連絡先の交換や、直接的なやりとりは規約違反なので、これを言い訳にすれば連絡先をしつこく聞いてくる男性にも断りやすいと思います。

チャットサイトや代理店などの第三者のせいにする

上記の断り方の最大のポイントというのは、「私が断っているわけじゃない」ということをアピール出来る点です。

ライブチャットサイトなどの外部の圧力で断らざるを得ないという設定にすることにより、男性客から教えてくれないやつだという避難も避けることができます。

仲良くなっても連絡先は交換しないのが原則!

チャットレディをやっていると、直アド交換やラインIDの交換など、連絡先を聞いてくる男性というのが後を絶ちません。

チャットレディをやっている女性も、はじめてテレビ電話なりメールなりチャットなりをしてくる男性には教えないかもしれませんが、なんどもリピートしてくれているリピーターには教えてしまう可能性もありますよね。

ですが、チャットレディとしてではなく、一個人として男性ユーザーといくらテレビ電話などをしたとしても、チャットサイトの報酬がもらえるわけではありませんのでもったいないと思います。

現役でライブチャットサイトのチャットレディをやっている女性が、実際に男性ユーザーと連絡先を交換してリアル世界であったことがあるというブログなどがありますが、たまたまその人がいい男性客にあたっただけであって、悪い意思を持って近づいてくる人もいないとも限りません。

ライブチャットというのはもともとアダルトな傾向があるわけですから、そういう男性客と会うというのは危険な行為と言わざるを得ません。

直接やりとりをして、実際にあったとして、その場で楽しめるだけであればいいのですが、自宅までつけられたりしたらストーカー被害に遭ってしまう可能性もあります。

チャットレディというのは、そういったプライベートな情報が守られていて、安心して副業や本業にできるからこそ人気がある職業だと言うことを忘れないようにしましょう。

また、一人のチャットレディがそうやって、男性客と気軽にあったりしてしまうと、他のチャットレディにも被害が及びます。

なぜほかのチャットレディに迷惑が及ぶのかと言えば、一人が連絡先などを交換したり、実際にあったりしてしまうと、それが普通だと思ってしまうお客さんが増えてしまうからです。

会ったり、連絡先を教えてくれるのが当然だと思い込んだお客さんが増えることにより、チャットレディ全体として仕事がやりにくくなるということでs。

チャットレディをやるときは規約をしっかり守って、楽しく稼げるチャットレディ生活を送りましょう♪

連作先を教えて教えてとしつこいときはブロックする

連絡先を何度もしつこく聞いてくる男性はブロック機能を使いましょう!

ライブチャットで、何時間もチャットしてくれたり、メールを何十通もしてくれる人ならまだわかりますが、いきなり連絡先を教えろなんていってくるひとは、即ブロックしてもかまわないと思います!

チャトレの女性が直接のアドレスなどを教えてしまうと、チャットサイトからはその男性はメールを送ってきません。なぜならお金がかかってしまうからです。当然、無料であなたと連絡がとれる直接のアドレスの方にメールを送ってくることでしょう。

チャトレのメールアドレスを手に入れた男性からしたら、ただで連絡をとりあえるので、メリットばかりですが、チャットレディをやっている女性がわからしたら、メールを何回やったとしても稼げるわけではないので、デメリットしかないです。

サイトの外でいくら連絡先を交換してやりとりをしたとしても、お金がもらえるわけではないので、本来チャットレディで稼ぐ目的で始めたのに、意味がなくなってしまいます。

チャトレをやっている女性がライブチャットのお客さんである男性客と直截なプライベートな連絡先を交換するというのは、まったくもってデメリットしかありません。

ライブチャットで出会えると勘違いしている男性客から連絡先を聞かれてもブロックするのは当然のことです。こういうお客さんをブロックしたところで収入が減るわけではありませんので、気軽にブロックしましょう。

チャットレディと出会えると勘違いしているようないやなお客さんはブロックして、ちゃんとお金になるような相手とチャットをするべきなのです!それこそが稼ぎのアップにつながります!